上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
<2>従来私のやってきたゲームになかった良いところ


①フィールドでの採集

2015051819.jpg
「愛のコリーダ~♪」っていう山田優cのCM思いだします♪

狩り場であろうと気が向いたときに木を切ったり採石したりと様々な採集へと切り替えられるのです。
また、採集したものを組み合わせて色々な加工をすることもできます。


②コスもあるけど、武器防具などの装備を自分で「染色」もできるあなただけのオリジナル装備ができます♪
2015051910.png
本当は青系が欲しかったのですがイベでもらった染色剤?の色はブラウン系。見ようによっては青っぽく見えなくもないかな?


③天候の変化
201505193.jpg

特に雨上がりの土に反射した光の美しさはズルイですよね。
スポンサーサイト
この記事からいよいよ『黒い砂漠』の魅力に迫ります!

GE、ブレソからとても自由度のあるリネ2のクロニクルにいたっても
結局は「競争させられ」、「強さ」を強制されるという点では自由がないゲームでした。

今回も結論から言います。
『黒い砂漠』は、レベリングや装備などで強さを強制される従来のゲームとは全く違います。

その理由を
従来私のやってきたゲーム中でも最高のゲームリネージュ2や最近のブレイドアンドソウルなどの
<1>今までやった他ゲーにあり『黒い砂漠』にもある良いところ、
<2>従来私のやってきたゲームになかった良いところの二つの観点から
述べたいと思います。


<1>今までやった他ゲーにあり『黒い砂漠』にもある良いところ

①シームレスMAP(リネ2)
サンドボックス型とも言われますが、目に映る全ての場所に行くことができます。
201505186.jpg
「この広い世界はあなたのもの…。」

201505187.jpg
敵の本拠地に潜入する時だって岩壁を登って裏に回ったり
自分だけのやり方で攻略できるんです♪

2015051811.jpg
紹介動画で出てた例の槍の先にも登ってみましたw

②昼夜での変化(リネ2)
2015051817.jpg
結論から言いますと、
『黒い砂漠』は私にとって伝説的な大規模オンラインRPG、
リネージュ2のオープンベータおよびクロニクル1時代を超えました。


リネージュ2のクロニクル1時代と言えば、
100人単位がぶつかり合う攻城戦や
レイド時間2~3時間、動員数600人から1000人規模とまで言われた地竜アンタラスレイド、
PK、MPK、PKK、連合による鯖コンテンツの独占など
良くも悪くもMMOの華々しい一時代であり、
その後の多くのMMORPGの源流となったともいえるかもしれません。
当時はリアルがおろそかになるほどハマっていました…

そのくらい面白かった。

リネ2の後いくつかのMMOをやってきましたが
どれもあの時代のリネ2の面白さを越える物はありませんでした。
あとから考えてみると
私が求めていたものの一つは「リアルとの両立」だったんだと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。